さよならアベノミクス 〜市民が得する経済政策〜 【このイベントは終了しました】


 私たちは、安保法に反対するデモや国会前の抗議に一市民として参加し、同じ意志を持つ多様な仲間たちに向けて、水や飴などを配布してきました。

 9月19日未明、安保法は強行採決されてしまいました。しかし廃止法案の可決はもちろんのこと、あらゆる点において歪みがあらわになっている政権与党には、すみやかに退陣していただきたい。そのために私たちは来夏の参院選に向けて、強い意思表示をする必要があります。

 富裕層は与党の経済政策に対して簡単に好評価を下していますが、その反面、経済的な「生きづらさ」に苦しんでいる層も存在します。その層とはまさに、私たち庶民です。また現在の株価回復は見かけ上のまやかしであり、実は「アベノミクス」は富裕層であっても安心できない、危うい政策にすぎません。

 では野党はどのような経済政策を打ち出せば、「アベノミクス」が実体のない惹句であることに人々が気付けるのか。また 「庶民にとって、真にお得な経済」は果たして実現可能なのか。もし可能であるなら、それは一体どんなものなのか……?

 私たちが知りたいことを知り、学びたいことを学ぶ場を共有したいという思いから、このワークショップは生まれました。

 私たちは国会前で水を配り、飴などを届けることを通してたくさんの仲間と出会い、心を合わせてきました。今回は水や飴ではなく、各所に引っ張りだこな気鋭の学者2名と、労働問題を軸に日本社会の「不公正」を是正するよう訴え行動する団体・AEQUITASのメンバーを迎えて、「対抗的な政治経済の知識」をお届けしたいと思います。

 アベノミクスのまやかしに克つための「対抗する言論」について、皆さまとともに学べますことを、参加者とスタッフ一同、心から願っています。


さよならアベノミクス
〜市民が得する経済政策〜

 

 日時:12/5(土)14時〜
会場:サム教育学院3F
参加費:1,500円(学生 500円)

 

■■ 出演 ■■
木下ちがや(政治学者/司会)
かまやん(経済学者)
栗原耕平(AEQUITAS)
小林俊一郎(AEQUITAS)



参加申し込み

当日のご参加に際して、以下の注意事項についてご理解とご協力をお願いいたします。

  • 今回のイベントにつきましては、主催者の許可のない写真撮影、動画撮影、動画配信は全て禁止とさせて頂きます。万が一そのような行為を見つけたら、その場でデータの削除をして頂いた上で、ご退席頂きます。予めご了承ください。
  • 座席は指定となっております。受付時にお伝えします番号が振られた席にお座りください。
  • 飲食物の会場内の持ち込みは可能です。ただし、ゴミは各自でお持ち帰りください。
  • 主催者が進行の妨害になるとみなした行為をされた方には、ご退席いただきます。その場合は、主催者の指示に従ってください。